JA2YIC 中京アマチュア無線クラブ 公式サイト

145.24MHz FM, 433.24MHz FM  EchoLink RF-Link 430.88MHz JJ2YIC-L

真空管リグ修理奮闘記

time 2018/09/07

真空管リグ修理奮闘記

                                de JO2XAV 下村 功

 JA2YIC各局こんにちは。
 今回は真空管RIGの修理について書かせていただきます。
 当局は電子回路に疎いので ほぼOMさんからの助言もしくは持ち込み?で直しているのが現状なので、あまり参考にならないですが、こんなことやってるんだ!ぐらいの気持ちで読んでいただければと思います。

①FT101E 八重洲無線
 写真1枚目の下のRIGです。往年のベストセラー機ですよね、送信出力が出ませんでした・・
  色々チェックしてみましたが(写真2)判らず??
  
(笑)ファイナルも点灯してます・・(写真3)
 DWB局からのアドバイスを思い出しました。 「修理のコツは上流から探していくのですよ。」 ネットで調べながら、各場所チェック (2度ほど感電!!) う~ん だめです。
 あかんかな?と思っているとローカルのOMさんが「一度もっておいで」との連絡があり、速攻で持ち込みました。現状を説明してお願いしました。(丸投げ)?
  2日位たった時電話が・・「治ったよ。早く取りに来て、でかいから邪魔」との事・・マジですか・
 速攻でお邪魔して 2人でチェック  ・・出てます100W!!何で? 
 「どこが悪かったのですか?」(XAV)
 「これだったのね、送信状態にすると、VFOのLED(写真4の下のほうにある赤いLED)が光るんだけど 光らない。」
 「とするとそこまで電流が流れていないわけ」(東海市のOM)
 「ふんふん」」(XAV)
 元の所の接触不良だね、チェックした?」」(東海市のOM)
 「してません・」(XAV)
 「接点洗浄剤でスイッチ類を洗浄したら治ったよ」(東海市のOM)
 「赤恥」 (XAV)
 DWB 局のアドバイスどおり上流を調べなさいの意味が解りました。基板だけじゃなかったんですね。トホホ

②TS520X トリオ
 こちらも有名なRIGですね。写真1の上の無線機です。
 某日 いつものように7MHでQSOしようと TUNE(死語)を取っていたら焦げ臭い匂いが・・わ!煙だ。
 そうです、無線機から発煙しました・・すぐにACコードを引き抜き恐る恐るカバーを開けると電源周りが黒い。バラしていくと「これだ」写真5枚目の下のほうにある抵抗が燃えていました、上のコンデンサーもやばそう。
 
 とりあえずも う一台の520から移植しました。(部品取りの無線機は重宝します)
 しかし原因を調べないとまた発火する恐れがあるのでNETで調べると・・「これか?」
 写真6枚目のコイルからの配線が短絡してるじゃありませんか!半田付けし直して電源オン。
 今度は大丈夫そう(ニンマリ)治りました! こんな感じで楽しんでます。
追伸
 また1台TS520買ってしまいました。 3台になりました  どうしよう・・
    TS520        VFO

旧YICホームページ

カウンタ

  • 30910総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 21昨日の訪問者数:

ログアウト専用

姉妹クラブ/友好クラブ

過去の記事一覧